王妃の白珠は使い方1つで肌の白さが違ってくるって知っていましたか?私もビックリしたんですけど、王妃の白珠を正しく使えている方は、お化粧をしなくても肌の白さに自信を持っています。でも、私みたいにズボラな方は、王妃の白珠を正しく使えないかもしれません・・・。そこで本記事では、王妃の白珠の使い方について正しく理解していただくのと、効果的な使い方のヒントをご紹介していきます。

王妃の白珠の使い方【基本編】

王妃の白珠の使い方の基本編を紹介していきます。まず王妃の白珠は白くなりたい部分にパックするだけでOK!簡単5分で使えちゃう商品ですが、使い方を間違えると白くなりすぎてしまったり、肌の変化が全く感じられないかもしれませんね。

そこでまずは基本編として、王妃の白珠を顔に使う場合の使い方をご紹介します。

【王妃の白珠の使い方(基本編)】

  • ステップ1:メイクを落としてから洗顔します
  • ステップ2:王妃の白珠を”さくらんぼ大2個分”だけ手に取ります
  • ステップ3:目や口の周りを避けて顔全体に塗り込みます
  • ステップ4:そのまま5分放置します
  • ステップ5:水またはぬるま湯で洗い流して完了!

たったの5ステップで簡単にお手入れできますね。普段のお手入れに1手間プラスするだけなので、煩わしさも感じません。ちなみに顔全体に塗り込んだ時に、他にも気になる首や胸元に塗っておくと美白パックできるのでオススメですよ。とはいえ、私のようなズボラ女子は、ちょっと面倒だな~と感じてしまうかもしれません。でも、より効果的な使い方を実践すれば、王妃の白珠で美白力を高めることができちゃうんです!

王妃の白珠の効果的な使い方のヒント

王妃の白珠をより効果的にするには、以下の事に気をつけましょう!

  • ポイント1:王妃の白珠を5分以上放置しない!
  • クリームや化粧水とは異なります。
    つけたあとに洗い流して使用するものです。
    定められた目安時間は守るようにしましょう。
    ※長い時間お肌に乗せていると、お肌が乾燥してしまう恐れがあります。

  • ポイント2:冷たすぎる水や熱いお湯で洗わないこと!
  • 冷たい水も熱いお湯も肌に刺激になりますので要注意です。
    特に熱いお湯はちりめんじわの原因にもなり得ます。
    ※おすすめはぬるま湯です。

  • ポイント3:洗い残しのないように!
  • すみずみまで丁寧に洗い流しましょう。

    シミへの効果は個人差があります

    結論から言えば、王妃の白珠のシミへの効果には個人差があります。シミが消えたという人もいれば、シミが薄くなっただけ、全然消えないなど、意見が分かれています。でも、多くの方が1~2ヶ月でシミが消えているので、まずはその期間だけ使って判断するのが良いかもしれません。

    少しでも変化があれば、継続して使ってみるのが良いでしょう。ちなみに肌の代謝サイクルは3ヶ月間と言われているので、まずは継続して使ってみることをおすすめします!ちょっとだけ王妃の白珠を試したい方は、公式サイトでキャンペーン中の今がチャンス!通常価格より約70%OFFの激安キャンペーン中なのでお見逃し無く!!

    まとめ

    王妃の白珠は使い方1つで効果がガラリと変わる商品です。是非とも正しい使い方を身に着けて、輝白パッククリームの効果を十分に発揮できるようにしましょう。時間と手間をかけないのが王妃の白珠の売りなので、使い方に手間取っているのは勿体無いですよ。

    ちなみに私も王妃の白珠を使っていますが、本当に簡単に使うことができるので、ついつい適当な感じになってしまいガチです。王妃の白珠は使い方1つでここまで変わるのか・・・と思ったのは、王妃の白珠が届く時に一緒に同封されているパンフレットを見た時でした。

    毎月、購入者通信が王妃の白珠と一緒に届くんですけど、その中で紹介されていた人が私と同い年で、肌のツヤ・ハリが全く違ったんですよね。まぁ写真なんで加工はしているでしょうけど、やっぱり元の肌が美しくないと写真を加工しても駄目じゃないですか。でも、王妃の白珠を正しく使っている彼女は私とはまるで違う肌のハリを感じました。

    やっぱり王妃の白珠は使い方1つで変わるんだ!私も意識して正しく使ってみよう!と思ったのでした。
    王妃の白珠の口コミはこちら>>