ファーストクラッシュの成分について、肌に刺激がある添加物やパラベンは含まれていないのか、敏感肌の私でも使えるのか気になりますよね。ファーストクラッシュの成分を確認せずに購入してしまうと、肌への刺激が痛くて使えないって事も考えられます。ファーストクラッシュを購入する前に、成分について本当に安全なのか調べたくなる気持ちもわかりますよ。そこで、この記事ではファーストクラッシュの成分について、本当に安全なのか、刺激になる成分は含まれていないのか徹底調査した結果をお伝えします。

ファーストクラッシュの成分

ファーストクラッシュの主成分は「サリチル酸」、「グレープシードオイル」、「シトラスオレンジピールオイル」、「カモミールフラワーエキス」、「ティーツリーリーフエキス」、「ローズマリーリーフエキス」、「ユチャリーフエキス」、「エゾウコギ根エキス」、「クマコケモモリーフエキス」です。

サリチル酸

サリチル酸は肌の角質層を柔軟にする作用があるため、角質硬化による角栓発生を抑え、ニキビの初期状態である面皰を防ぐ効果が期待できます。また、一定の殺菌作用を併せ持っているので、アクネ菌を減らして炎症発生の確率を下げるという効果も期待できます。ニキビ以外の皮膚病にも用いられることがあり、昔は水虫治療などに多用されていました。

サリチル酸が入ったニキビ薬を使う上で注意をしなければならないのが、サリチル酸には過敏症状(痒み、発赤、熱感など)をもたらす副作用が出ることがあります。皮膚への塗布の範囲では問題ないですが、妊婦さん、妊娠の可能性がある女性は一定の催奇性(奇形を生じさせる性質や作用)があることも考慮して留意が必要だと思われます。

グレープシードオイル

グレープシードオイルとは、ブドウの種子(シード)を採取して絞られたオイルで、ワインを製造する過程で大量に廃棄されるブドウの種子をエコ利用して作られるものです。使用感はサラサラでベトつきが少なく、ビタミンEやポリフェノールなどの美容成分が豊富です。グレープシードオイルには、2種類の不和脂肪酸(オレイン酸とリノール酸)が含まれています。オレイン酸は善玉コレステロールを下げず、悪玉コレステロールだけを下げる働きのある一価不飽和脂肪酸のことです。リノール酸は多価不飽和脂肪酸の一種で、体内で合成できない成分のため、食事からとる必要があります。リノール酸は悪玉コレステロールだけではなく、善玉コレステロールを下げてしまう働きもあるので、とり過ぎには注意が必用です。

また、グレープシードオイルは保湿効果が高くて、数あるオイルの中でも刺激の少ないオイルと言えるでしょう。敏感肌、乾燥肌、脂性肌などの肌質にも効果が期待できます。これらの肌質が合わさった複合肌の方には、嬉しいオイルですね。いくら肌に優しいオイルでも、肌質は人によって違います。肌のやわらかい部分に塗り、一晩置いて肌荒れやかゆみがないかを確認してから利用してくださいね。それだけでなく、グレープシードオイルは肌細胞に似ている成分が含まれているため、肌との親和性が高く、刺激も少ないオイルです。ニキビ肌の方はもちろん、敏感肌や乾燥肌のデリケートな肌質の人にも使える優秀な成分と言えるでしょう。グレープシードオイルには美肌効果のある成分もたっぷり含まれているので、肌の乾燥に悩んでいる人は美容液や保湿クリームを色々使うよりも、グレープシードオイル1本もっているだけで、肌をふっくら柔らかくしてカサカサの悩み改善にも期待できます。。

そして、グレープシードオイルは、マッサージの際のキャリアオイルとして使用する方法はもちろん、髪の毛、まつ毛、ネイルのケア、全身の乾燥ケアに様々に使用できます。グレープシードオイルはサラリとした使用感で、オイル独特の香りも少ないので、お手持ちの化粧品に混ぜていろいろとアレンジも可能です。肌なじみも良く、ギトつき感が残りにくいので、化粧前にも使いやすいのも良いポイントです。そして、グレープシードオイルは抗酸化力が高いので、酸化防止剤が入っていなくても、保存期間が長い安全性もメリットのひとつです。

グレープシードオイルは、抗酸化作用の強い成分が含まれています。そのため、酸化防止剤が含まれていません。「ビタミンEとポリフェノール」どちらも、強い抗酸化作用があり、アンチエイジングに効果的です。肌のシミやくすみ、しわなどの予防や改善の他、美白効果も期待できる成分ですね。

シトラスオレンジピールオイル

オレンジピールとは、樹高4~5m程になる高木のことで、ビターオレンジの果皮を絞って作られた抽出液です。オレンジピールの主成分は、主にビターオレンジの果皮を使用しますが、たまにスイートオレンジの果皮が使われている場合もあります。オレンジピールは柑橘系の香りも楽しめるため、気持ちが明るく、前向きにさせてくれます。寝る前に飲むと、不安を取り除き安眠を促します。仕事や勉強の合間にオレンジピールを飲むと、リフレッシュして気分が良い状態になります。また、オレンジピールは消化器系にも働きかけるので、消化不良や便秘、軽い下痢の改善にも役立ちます。

オレンジピールから出る抽出液は、フェノールと抗酸化化合物が多く含まれています。抗菌の性質もあり、オレンジピールに含まれる豊富なビタミンCは早期老化が原因となる「シミ」や、日焼けや毒素のせいで出るシミにも効果があります。さらに、オレンジピールの浸出液は毛穴を綺麗にしてくれるため、ニキビや吹き出物を防ぐ事も可能です。

カモミールフラワーエキス

カモミールフラワーエキスには「フラボノイド等の抗酸化成分」を多く含むので、酸化してしまった皮脂を元の状態に戻し、ニキビ防止に効果を発揮します。抗菌作用があるので、このアクネ菌の増殖を抑えることができ、ニキビの悪化を防ぎ、早くニキビを治す効果が期待できるため、ニキビ予防だけでなく、既にできてしまったニキビの悪化を防ぎ、早くニキビを治すことができるでしょう。

ニキビ肌にもカモミールの効果は期待されており有効成分としても認められていますが、他の成分によってはかえって肌に負担をかけてしまう事があります。ちなみに、カモミールに含まれるカミツレエキスが、厚生労働省より美白の有効成分として認められています。カミツレエキスは、シミの元になるチロシナーゼという成分の発生を抑え、メラニン色素を生成できないようにします。(カモミールはカミツレと呼ばれる事もあり、そこからカミツレエキスという成分名として配合されている場合もあります。

また、カモミールフラワーエキスには「糖化予防」と「抗炎症作用」の2つの効果が期待できます。肌が糖化するとハリや弾力が低下して、シワの原因を作ります。くすみや黄ばみなども起こりやすくなり、顔色は悪く透明感も失われるので、一気に見た目年齢を上げてしまいます。糖化の原因は「糖質」と「タンパク質」が結合する事で起こりますが、カモミールに含まれるカマネロサイドという成分が、糖質とタンパク質の結合を抑える働きをします。

カモミールに含まれるアズレンという成分は、炎症を抑える作用があります。喉が痛い時に使うウガイ薬にもアズレンが処方される事があるように、炎症を抑える作用に優れています。ニキビ肌は肌の炎症が起きやすく、炎症を鎮めたい時は、自然由来のカモミールなら安心して使えます。抗炎症作用によりニキビ肌の炎症、乾燥などによる肌荒れにも優れた効果を発揮してくれます。また、カモミールの抗炎症作用は、日焼けの炎症にも有効です。日焼けをした後の肌は乾燥しやすい状態です。またニキビは肌の乾燥により皮脂が過剰分泌して毛穴詰まりを起こす事も原因となるので、こういう場合はカモミールの保湿効果が役立ちます。ニキビから乾燥による肌荒れまで幅広く使えるのもカモミールの魅力です。

ティーツリーリーフエキス

ティーツリーリーフエキスの「ティーツリー」は、オーストラリア原産のフトモモ科の常緑樹で、ティートリー、ティートゥリーとも呼ばれます。細長い形の葉が特徴で、初夏には白やピンク色のふわふわ羽毛のような花を咲かせます。ティーツリーは古くから葉を砕いて傷薬として活用していました。また、第二次世界大戦で戦傷したオーストラリア兵士の抗菌薬としてティーツリーが使われたという歴史もあります。

ティーツリーリーフエキスとは、ティーツリーの葉を水蒸気蒸留して得られたティーツリーオイル(精油)です。ティーツリーオイルは清涼感のある香りとともに、ユーカリに似たグリーン調のやさしい香りを持っています。ティーツリーリーフエキスお花のような“良い匂い”ではなく、少し薬品のような雰囲気もある独特の香りですが、ブレンドに少し足すとフレッシュな印象を与えてくれます。
また、ティーツリーリーフエキスには非常に優れた抗菌、殺菌、抗真菌作用があるため、ニキビや水虫のケアに役立ちます。ティーツリーオイルは過酸化ベンゾイル(ニキビ治療に用いられる薬)と同等の効果があることが明らかになっています。抗炎症作用もあるため、切り傷、虫刺され、床ずれのほか、やけどや日焼けの炎症を鎮めるのにも効果的。強力な殺菌力のわりに、肌への刺激が少ないのも大きな魅力です。

ローズマリーリーフエキス

ローズマリーリーフエキスの「ローズマリー」とは、地中海沿岸の原産で、南ヨーロッパをはじめとして世界中の至るところで栽培されて愛されています。人類とローズマリーとの関係は古く、古代エジプト時代の墓からその枝が発見されています。古代ギリシャにおいても、神に捧げる植物としてローズマリーは重んじられていました。中世のハンガリーでは、神経痛を患っていた女王がローズマリーを主成分とした薬を使用したところ、病が治って若さを取り戻し、隣国ポーランドの王子にプロポーズされたという逸話が残されています。また、ローズマリーには様々な品種があり、まっすぐに伸びる立性のものもあれば、地を這うようなものや、その中間をいくものもあります。

ローズマリーリーフエキスは、強い抗菌・殺菌効果を持つ成分です。そのため、植物性滅菌剤や防腐剤としても高い効果がありますまた、消炎効果や収れん効果にも優れているので、大人のニキビなどの肌トラブルを防いだり、お肌にハリを与えてくれるのでアンチエイジングにも効果的です。他にも、ローズマリー葉エキスは保湿効果も備えているので、お肌におるおいを与えます。皮膚をみずみずしく整えてくれることから、赤ちゃんのベビーローションなどの保湿剤にも配合されています。ローズマリーは血管を強くし、血行をうながし、消化機能を高めることで新陳代謝を促進します。細胞の老化を防止する抗酸化作用があることから、「若返りのハーブ」とも呼ばれてきました。

ユチャリーフエキス

ユチャリーフエキスの「油茶」は、ツバキ科の植物のことです。種子には良質な油分がたっぷり含まれていて、優れた保湿や柔軟作用があります。ユチャ油というのは、ツバキ科カメリア属サザンカ節のユチャCamellia Oleifera Abelの種子で、中国湖南省で無農薬栽培または自生しているユチャの種子から、溶剤を使わずに圧搾法により採取されるオイルのことです。

ユチャリーフエキスはお肌にうるおいを与えてくれるけど、酸化しやすいオレイン酸を主成分にしている割に、より酸化しやすいリノール酸やリノレン酸などの多価不飽和脂肪酸の含有量が少なめなので、とっても参加し難いのが特徴です。このユチャ油は、不乾性油なので、肌の上で樹脂化しにくいので、ベタベタしないし、厚く膜を作らない、まさに、肌が吸収するかのように、さらりと浸透しちゃうんです

エゾウコギ根エキス

エゾウコギ根エキスとは、滋養強壮に優れ、生薬としても使われる植物です。新陳代謝を活発にし、肌のターンオーバーを整えてくれる効果が期待できます。エゾウコギは、中国で2000年ものあいだ利用されてきた漢方の薬草で、高麗人参と同じウコギ科の植物です。ビタミンやミネラルなどの栄養素に加えて、エレウテロサイドやイソフラキシジン、クロロゲン酸といった、医療分野で注目されている成分も含んでいます。

その他にも、エゾウコギには体力を向上させて耐久力、抵抗力を高めます。 エゾウコギが良く効くのは、風邪をひきやすい、虚弱体質、ストレスが多い、運動能力の向上、持久力を高める、などに有効とされています。エゾウコギのパワーは、高麗人参を遥かに越えるとも言われており、別名シベリア人参とも呼ばれています。ちなみに、モスクワオリンピックの時に、ソ連の選手がメダルを独占した際、多くの選手たちがこのエゾウコギを飲用していたことがマスコミに紹介され、これをきっかけに世界的にエゾウコギの名が広まりました。

エゾウコギは大地のエネルギーを吸収する植物であり、そのエゾウコギを食べることにより、エゾシカは極寒の地を越冬するパワーを蓄えていると言われています。また、食事前にエゾウコギを飲用することで、血糖値の上昇が抑えられる効果があるそうです。更に、エゾウコギは脳内モルヒネと呼ばれる「β-エンドルフィン」という物質の分泌を促進する作用があることがわかっています。β-エンドルフィンは、苦痛や疲労、ストレスを感じにくくする成分なので、日頃ストレスを感じていたり、うつ状態の方にも効果が期待できます。更に、免疫力をアップし、体の防御機能を高め、病気にかかりにくくする効果もあるほか、体のだるさを取り除く効果もあると言われています。

クマコケモモリーフエキス

クマコケモモリーフエキスには「美白効果に優れるアルブチン」を含んでいて、メラニンの発生を抑制してくれる働きがあります。クマコケモモエキス(ウワウルシ葉エキス)、ナガバギシギシ根エキス、オリゴペプチド-68といった美容成分を配合し、お肌にツヤを与え、しっとりとした潤いのあるお肌へと導いてくれます。また、エラグ酸、タンニンを含んでいて、 メラニンの合成を抑制するため、美白効果の高い化粧品に配合されています。収斂効果、消臭効果の働きもあり、お肌のキメを整えたりしてくれます。

クマコケモモリーフエキスは、とろみがありながらも、みずみずしくお肌の上に伸び、角質層の隅々まですっと浸透して、もちもちとしたなめらかなお肌へと整えます。薄茶色のテクスチャーも特徴ですね。

ファーストクラッシュの保湿成分

ファーストクラッシュの保湿成分として「グレープシードオイル」、「シトラスオレンジピールオイル」、「カモミールフラワーエキス」、「ティーツリーリーフエキス」、「ローズマリーリーフエキス」、「ユチャリーフエキス」、「エゾウコギ根エキス」、「クマコケモモリーフエキス」の8つの天然植物成分が配合されています。

10代の肌にはファーストクラッシュだけで十分に保湿されますが、20代や30代の方はファーストクラッシュだけでは保湿が足りない可能性があります。とはいえ、保湿成分の「グレープシードオイル」と「ティツリーオイル」は非常に優秀です。グレープシードオイルはブドウの種から摂れる油で、強力な抗酸化作用があると言われています。グレープシードオイルはオリーブオイルと同じような働きがありながら、安価であることから注目されている成分です。ティツリーオイルはアンチエイジングで、非常に優れた抗菌、殺菌、抗真菌作用があります。ティーツリーオイルは過酸化ベンゾイル(ニキビ治療に用いられる薬)と同等の効果があることが明らかになっています。

ファーストクラッシュに界面活性剤フリー

ファーストクラッシュに界面活性剤は含まれていません。ちなみに界面活性剤は市販されているほとんどの石けんに含まれています。界面活性剤を使えば、安い値段で洗剤を作ることができるのですが、界面活性剤がかゆみや肌荒れなどの肌トラブルの原因となることがあります。また、ファーストクラッシュにはパラベンは入っていなくて、メチルパラベンなどが少量含まれています。メチルパラベンは肌にとって穏やかな成分ですが、敏感肌の方は苦手に感じるかもしれません。また、パラベン類すべてにアレルギーがある「超敏感肌」の方は、ファーストクラッシュを使うのは諦めた方が良いでしょう。

ファーストクラッシュはニキビ薬と同じ「サリチル酸」が含まれている

ファーストクラッシュにはニキビ薬にも使われている「サリチル酸」が含まれています。サリチル酸は肌の角質層を柔軟にする作用がある成分で、ニキビの初期状態である面皰を防ぐ効果が期待できます。サリチル酸が入ったニキビ薬を使う上で注意をしなければならないのが、サリチル酸には過敏症状(痒み、発赤、熱感など)をもたらす副作用が出ることがあります。皮膚への塗布の範囲では問題ないですが、妊婦さん、妊娠の可能性がある女性は一定の催奇性(奇形を生じさせる性質や作用)があることも考慮して留意が必要だと思われます。

ファーストクラッシュのピーリング成分

ファーストクラッシュはピーリング成分としてサリチル酸が配合されています。古い角質を柔らかくして、洗顔によって洗い流す役割があります。健康的な肌状態の時は、ピーリング成分によって表皮を奇麗に保つ効果が期待できます。ただし、炎症を起こしたニキビにピーリング成分は逆に悪化させてしまうリスクが高くなります。近年、ケミカルピーリングのピーリング剤として「サリチル酸」を用いられることがある。ピーリングは外用薬を用いないニキビ治療の1つとして、

ファーストクラッシュは無添加処方です

ファーストクラッシュは無添加なので、肌が弱い人や敏感肌の人にオススメです。ファーストクラッシュ1本で洗顔するだけで、洗顔や保湿、トリートメントができるという優れものです。

ニキビ対策の商品としては、無添加で肌に優しいのは当たり前です。そもそも添加物は肌に良くないため、刺激となってしまうのです。肌に刺激を受けると肌に乾燥してしまうため、肌バリア機能が低下してしまいます。肌バリアとは、肌を外の刺激から守る機能です。肌バリアがなくなると、肌は直接刺激を受けるようになってしまうため、乾燥した空気や花粉、ホコリや紫外線といった刺激が肌に悪い影響を与えてしまいます。ちなみに、刺激を受けた肌は皮脂を分泌し、皮脂汚れとなり毛穴を詰まらせてしまい、より肌の表面が乾燥して角質が汚れで覆われてしまいます。

ファーストクラッシュは無添加で安心ですが、添加物が含まれているニキビ用品は外からの刺激の一つとして考えておいた方が良いでしょう。添加物として注意しておく必用があるのがオイルです。オイルは肌がベタつく原因となります。とはいえ、オイルは保湿効果があるため、添加物が入っていない無添加のオイルであれば肌に優しいでしょう。無添加のオイルとしては、植物の葉や根っこ、花、茎といった植物由来のものから抽出した成分です。

まとめ

ファーストクラッシュの成分で注目したいのが「サリチル酸」と「8種類の天然植物成分」です。サリチル酸でニキビを対策、8種類の天然植物成分で保湿ケアしてくれます。ニキビ洗顔料として、どちらも必須の成分といえるでしょう。また、ファーストクラッシュは無添加で肌にも優しいため、今あなたがニキビ肌であったとしても、低刺激なので痛みを伴うことなく洗顔することができます。注意事項としては、ファーストクラッシュの成分にパラベンは含まれていませんが、メチルパラベンなどが少量含まれています。敏感肌の方はちょっと苦手に感じるかもしれません。
ファーストクラッシュの口コミはこちら