ファーストクラッシュの副作用について、刺激は無いのか肌トラブルは起きないのか、敏感肌や乾燥肌でも使えるのか気になりますよね。ファーストクラッシュを使ってみたけど副作用の危険性がないか調べたくなる気持ちもわかります。そこで、ファーストクラッシュの副作用について、徹底調査した結果をお伝えします。

ファーストクラッシュの副作用について

ファーストクラッシュは赤みや痒みのある赤ニキビに使用する際は注意が必用です。ニキビケアの有効成分としてファーストクラッシュにはサリチル酸がが配合されています。サリチル酸は古い角質を溶かして毛穴の状態を奇麗にすることでニキビを早く治す効果がありますが、古い角質を溶かすピーリング効果が炎症して赤みや痒みがある肌の刺激になってしまう恐れがあります。ですので、サリチル酸は赤みや痒みのある赤ニキビには不向きだと考えられます。

赤みや痒みなどの肌トラブルが起きている状態だからといって、ファーストクラッシュを使わない、肌もケアしないでそのまま放置するというのは間違いです。赤みや痒みのある赤ニキビは一切ケアせずに放っておくとニキビ跡になってしまう場合があります。炎症が長く続けば続くほど炎症が肌の奥に浸透しますので、赤みがなかなか引かなかったり、色素沈着してしまうため、赤みのある炎症はできるだけ早く治してあげることが必用になります。

敏感肌の人は注意が必要

ファーストクラッシュは敏感肌にも優しいミネラルオイルフリーなので、より肌にやさしい洗顔になっています。ニキビができやすいデリケートな肌をしっとり潤いを与えながら、ニキビの原因を解決してくれます。敏感肌の方ははバリア機能が低下してしまい、刺激を受けやすくなってしまっている状態です。バリア機能の低下は肌が乾燥することや、間違えた洗顔やクレンジングなどが原因で起こり、ニキビや肌荒れなど様々な肌悩みが増えやすい肌質です。ファーストクラッシュは泡立てずに使うクリームジェルが肌への摩擦が少なく洗顔でき、保湿成分もしっかり配合されているので敏感肌のニキビケアにもバッチリOK。

とはいえ、ファーストクラッシュを敏感肌の方が使う場合は使用回数に注意しましょう。ファーストクラッシュは朝・夜の2回、顔全体に優しく馴染ませて使用するだけでOKですが、敏感肌の方の場合、まずは朝か夜のどちらかだけ使用してください。また、ファーストクラッシュを洗い流すと”ぬめり”が残ることがありますが、そのヌメリは保湿効果ですので必死に洗い流す必要はありませんよ。その滑りはファーストクラッシュが化粧水・乳液いらずの洗顔料と使える証拠です。是非、敏感肌の方もファーストクラッシュを使ってニキビ対策してみてください。

乾燥肌の人は注意が必要

ファーストクラッシュを乾燥肌の人が使う場合、「すすぎは控えめにすること」、「化粧水や保湿クリームを利用すること」をオススメします。

すすぎは控えめにする必用がある理由は、ファーストクラッシュのヌメリ感に関係しています。ファーストクラッシュを使うと肌がヌルヌルとしますが、それは肌に保湿成分が残っているからです。慣れないうちは違和感を感じるかもしれませんが、ファーストクラッシュを使った跡に濯ぎすぎると乾燥肌の原因につながります。ファーストクラッシュのすすぎは30秒が基本です!乾燥肌の方は30秒を守って肌の乾燥を感じさせなくしましょう。

そして、乾燥肌の方がファーストクラッシュを使った後は「化粧水や保湿化粧水や保湿クリーム」を利用してください。とはいえ、10代の思春期は肌に潤いがあるため、ファーストクラッシュだけでスキンケアが完結する可能性が高いですね。でも、20~30代以上の方だと、やはりファーストクラッシュだけでは保湿に物足りなさを感じるかもしれません。ファーストクラッシュの口コミにも書かれていますが、ファーストクラッシュだけでなく化粧水を併用すると保湿成分が肌に広く行き渡るので、肌の乾燥に困ることはなくなりますよ。ニキビケアはとにかく保湿することが大切なので、乾燥が気になったら無理せず化粧水や保湿クリームを併用することをおすすめします。

ファーストクラッシュはアトピー肌もOK

ファーストクラッシュはアトピー肌の方でも使えるニキビ洗顔料です。なぜアトピー肌の方でも使えるのかというと、ファーストクラッシュは天然植物を中心として作られており、着色料も含まれていないためです。ファーストクラッシュはアメリカで開発された商品ですが、日本人の肌に合わせて作られているアイテムなので、アトピー肌の方でも使えるのがポイントです。

とはいえ、人によってはファーストクラッシュの刺激を受けてしまうこともあるかもしれません。そのため、ファーストクラッシュを使用する場合は、まず少量でパッチテストしてからにしましょう。また、アトピー肌以外の人でも、ファーストクラッシュが体質と合わない時は肌に以上が見られる恐れがあります。肌の赤みや腫れ、痒みが出た場合はファーストクラッシュを使用するのを中止しましょう。もし、ファーストクラッシュを使って肌の異常が治まらない場合は、直ぐに使用を中止してください。また、肌の異常を自分でかいけつしようとせずに、皮膚科に相談に行くことをオススメします。

アトピー肌でもファーストクラッシュが使えるからニキビは直ぐに治るはず!と思ったあなたへ。たとえファーストクラッシュを使ったとしても生活習慣が偏っているのであれば意味がありません。生活習慣が原因でニキビができてしまい、ファーストクラッシュを使っても意味がないじゃないかと思ってしまうのは勿体無いですよ。まずはファーストクラッシュなどのケアアイテムを使用する他にも、日常生活の習慣を正すことから行いましょう。

ファーストクラッシュはかゆいニキビに使ってOK

かゆみを伴うニキビは「ニキビ跡」が残る恐れがあるため、特に注意が必要です。ニキビ跡を予防するために、かゆみがあるニキビでやってはいけないことを理解して、正しいケア方法を身につける必用があります。ファーストクラッシュを使う場合だけでなく、特に普段から自然にやってしまっている行為にも注意が必要です。

そもそも、かゆいニキビが出来る原因は、ニキビの皮脂と角栓によって出口が塞がれた毛穴にアクネ菌が増えて発生するためです。はじめは皮脂がたまった状態の白ニキビ、次に毛穴が開いて黒く見える黒ニキビや、炎症を起こした赤ニキビ、化膿した状態の黄ニキビへと進んでいきます。この過程のなかでかゆみや痛みを持つことがあります。痒みを伴うニキビに、「肌の乾燥」や「肌に雑菌が付着する」、「化粧品やスキンケアなどの成分」が原因です。

かゆいニキビの原因として、肌の強い乾燥もかゆみの原因となります。皮膚が乾燥することでバリア機能が低下して、刺激によるかゆみが生じやすくなるためです。ニキビができている肌はデリケートな状態にあるため、ちょっとした刺激でかゆみを発生しやすくなります。かゆみのあるニキビができた時には、肌の乾燥を疑ってみることも必要です。また、肌に雑菌が付着することも考えられます。手には清潔にしているように見えても、たくさんの雑菌がついています。その雑菌がついたままの手でニキビを触ってしまうと、雑菌が付着してしまいかゆみの原因となる場合があります。 また、手だけではなく、枕カバーやベットシーツなども直接顔に触れるため、清潔に保つように気を付けましょう。そして、化粧品やスキンケアなどの成分です。ニキビケアに使っているスキンケア用品や普段の化粧品などの成分が刺激となり、かゆみの原因になることがあります。刺激の強い化粧品成分や自分に合わないものを使っていることもあるので、化粧品の見直しが必要となる場合もあります。

ニキビは掻いてしまうと悪化して、後でニキビ跡として残るリスクとなります。そのため、正しい方法でかゆみ対策を行い、ニキビをできるだけ優しく、早く治すようにすることが大切です。かゆみのある時に冷やすのは、手軽にかゆみを抑えて掻かないで済ませる方法となります。ただし、冷やす時には連続して冷やすのではなく、一定の間隔を空けることが大切です。また、かゆみを伴うニキビのケアは、どうしてもやりすぎたり、擦ったりしがちです。しかし、過剰なスキンケアや強引なケアはニキビ跡が残るリスクを高めるため、優しくシンプルなケアを心がけましょう。刺激の少ない洗顔料を使い、洗顔のしすぎにも注意をします。そしてニキビがかゆみを持つのは乾燥してしまっていることも関係しています。そのため、皮脂を取りすぎない優しい洗浄成分や保湿成分を含んだ洗顔料を選

ファーストクラッシュは肌トラブルの心配は?

ファーストクラッシュは肌荒れなどの肌トラブルの心配は必要ありません。ファーストクラッシュの口コミを覗いてみても、全体の9割くらいの方は肌に優しく刺激が全くないと好意的な評価を付けています。公式サイトにも98%の人が優しい使い心地と回答されていますし、ファーストクラッシュを使っても肌荒れなどの肌トラブルの心配はないと考えられます。

ファーストクラッシュを使っても肌荒れや肌トラブルの心配をしなくても良い理由は、ファーストクラッシュの製品に特徴があります。ファーストクラッシュには「刺激が強いスクラブが配合されていない」、「天然植物成分が配合されている」、「着色料が使用されていない」、「ノンオイリーである」と肌に優しい成分が配合されています。また、ファーストクラッシュに配合されているサリチル酸は、高い抗菌と殺菌作用を持ち合わせているため、ニキビの原因菌であるアクネ菌の繁殖を防いでくれます。でも、サリチル酸の配合量が多いと肌に刺激を感じたり、赤みがでてきたりする場合があるため注意が必用です。また、ニキビ対策用品に含まれている「サリチル酸」のイメージは、刺激が強いという印象が浸透しています。ファーストクラッシュにもサリチル酸が配合されていますが、配合量は抑えつつ、ニキビに効果的な配合量であるため、肌が弱くても安心して使用できます。

ファーストクラッシュのお問い合わせ電話番号

もし、ファーストクラッシュを使っていて何か肌トラブルが発生した場合、お問い合わせ先【カスタマーセンター】に連絡してください。それと同時に皮膚科を受診する用意もして、それ以上は肌に刺激を与えないようにして下さい。

ファーストクラッシュのお問い合わせ先【カスタマーセンター】は電話連絡しかできません。電話連絡先はTEL: 0120-117-311で、受付時間も午前9時~午後8時 月~金曜日(祝日を除く)です。ですので、ファーストクラッシュを土日や祝日に使っていて肌にトラブルを感じた場合、直ぐにカスタマーセンターに連絡することができないのです。メールで連絡することもできないため、直ぐにカスタマーセンターへ連絡できないのが残念で仕方がありませんね・・・。

ファーストクラッシュのホームページを確認せよ

ファーストクラッシュを購入して問題なく使っていたとしても、ファーストクラッシュに何か問題が起きていないか月に1回は公式HP(ホームページ)をチェックしておきましょう。ファーストクラッシュのHP(ホームページ)には商品紹介だけでなく、ご使用方法やお客様の声、お得なバリュープランやお試しキャンペーンについてまで幅広く掲載されています。今あなたに肌トラブルが発生していないとしても、一度ファーストクラッシュのHP(ホームページ)をチェックしてみることをオススメしますよ。ファーストクラッシュのホームページは下記のとおりです。

【ファーストクラッシュのHP(ホームページ)】
>>洗顔によるニキビ予防に驚きの3-in-1 ファースト クラッシュ(FIRST CRUSH)

まとめ

ファーストクラッシュの副作用について、敏感肌の方やアトピー肌の方、乾燥肌の方が使っても心配する必用は無いと思いますよ。でも、乾燥肌の方がファーストクラッシュを使う場合、ファーストクラッシュだけでは保湿力が足りないと感じると思います。10代の若々しい肌にはファーストクラッシュだけで十分な保湿力を感じることができますが、20代や30代の方は物足りなさを感じる事があると思います。とはいえ、ファーストクラッシュを普通に使う分には副作用を心配する必用って無いと思いますので、一度お試しで購入してみるのも良いのではないでしょうか。
ファーストクラッシュの口コミはこちら